ミラクル コンパクト 写真集

あなたの 優しさを 見つける 小さな手紙

 178 花を 見ている

北 広 島 町 千 代 田 町 雪 の 華 広 島 市 安 佐 北 区 可 部 南 散 ら ば る 想 い

 177 凍える 朝に

北 広 島 町 千 代 田 町 凍 え る 朝 に い つ も は 木 々 の 重 な り が ぼ ん や り と 山 の 輪 郭 を 見 せ て い る け ど 積 雪 が 明 暗 を 見 せ て 細 や か な 凹 凸 に ハ ッ と す る 心 が 高 鳴 る 雪 を 踏 む 音 が 瞬 時 に 張 り 詰 め…

 176 詩人 の 呼吸 ( パロディー )

詩 人 の 呼 吸 壱 の 型 心 技 直 列 ( 不 変 ) 技 術 は 心 の 前 に 配 置 さ れ な い 敬 う 心 が 始 ま り 並 び は 変 わ ら な い 広 島 市 西 区 L E C T 並 ん だ の は 尊 ぶ 光 詩 人 の 呼 吸 弐 の 型 瞬 き 一 極 ( 彩 り ) 《 ま た た …

 175 踏み入れる 静寂

踏 み 入 れ る 静 寂 風 も 無 く 霧 の 中 で 踊 る 安 芸 太 田 町 臥 竜 山

 小さな 手紙 28

未 完 の 中 か ら 自 分 が き ち ん と し た 多 面 的 な 能 力 を 手 に 入 れ て か ら 自 分 を 認 め よ う と し た ら す ご く 苦 し い よ 未 完 の ま ま 明 日 が 来 る け ど で き る こ と は ま だ あ る ね 僕 は こ れ か ら も 埋 め ら…

 174 ひとすじ の 光

島 根 県 松 江 市 宍 道 湖 一 筋 の 光 誰 か が 見 た ら 雲 に 隠 れ る 夕 日 誰 か が 見 た ら 一 筋 の 光 心 が 景 色 の 名 前 を 変 え る あ な た の 心 が 見 え て い る 楽 し い 世 界 を 見 る 自 由 の 中 に い る あ な た 明 日 も 楽…

 173 地上 描く 星空 2020

広 島 市 安 佐 北 区 地 上 に 描 く 星 空 美 し さ は 身 近 に ver . 2 0 2 0

 172 七色 ナイト

七 色 ナ イ ト 夜 に つ な ぐ そ し て 朝 に 安 芸 高 田 市 八 千 代 町

 小さな 手紙 27

イ ノ セ ン ス 減 薬 が で き な い 苦 し さ に 息 が つ ま る ど う し よ う に も 出 来 な い う え に 副 作 用 と も 向 き 合 う 人 に 辛 辣 な 言 葉 が 突 き 刺 さ る 『 薬 漬 け 薬 に 逃 げ て い る 』 こ ん な 言 葉 に 干 渉 さ れ る…

 171 尾道 7 トラベル

尾 道 水 道 路 地 裏 凛 々 時 の 止 ま っ た 風 景 夕 焼 け が 始 ま る 黄 昏 の 波 が ゆ れ る 明 日 を 照 ら し て

 170 天空 の 雪原

三 次 市 高 谷 山 朝 日 と 霧 が 流 れ 込 む 天 空 の 雪 原 日 常 を 忘 れ て

 小さな 手紙 26

廿 日 市 市 宮 島 大 聖 院 消 え な い 希 望 『 首 里 城 』 再 建 支 援 プ ロ ジ ェ ク ト ガ バ メ ン ト ク ラ ウ ド フ ァ ン デ ィ ン グ に 寄 せ た 実 際 の 文 章 を 抜 き 出 し て い ま す 皆 さ ん の 大 切 な 心 の 拠 り 所 で あ る 首…

 169 かけがえのない あなた

広 島 市 南 区 黄 金 山 瀬 戸 の 夕 日 大 切 な 一 日 と か け が え の な い あ な た

 小さな 成長 17

い つ の 間 に か …… 二 日 過 ぎ と る ! 本 当 の 意 味 で こ こ ら 辺 の 心 の 焦 り が 正 念 場 取 り 返 そ う と 徒 労 の リ ス ク の 多 い 行 動 を 選 び た く な る 現 実 的 に よ く あ る 生 活 の 場 面 で は あ る よ う に 思 う …

 168 里山 マジックアワー

三 原 市 大 和 町 空 が 映る 心 に 残 る