ミラクル コンパクト 写真集

あなたの 優しさを 見つける 小さな手紙

 小さな手紙 

 小さな 手紙 24 ( 再編成 )

広 島 市 安 佐 北 区 可 部 南 日 暮 れ の な か で 桜 が 雪 み た い に な っ た よ ラ ブ レ タ ー s i n c e . 2 0 0 1 桜 の 花 ぼ た ん 雪 は ら は ら と 舞 う 出 逢 う は ず の な い ふ た り が 同 じ 季 節 の 中 に い る 心 か ら の 支 …

 小さな 手紙 23 ( 再編成 )

広 島 県 呉 市 音 戸 あ な た の 優 し さ で 色 を つ け て 影 で 記 録 し た ネ ガ フ ィ ル ム が 鮮 や か な 色 彩 を 再 生 す る 人 の 心 も 同 じ く 私 た ち は ど ん な 事 実 を 写 し 撮 っ て も や さ し さ を よ り 多 く 見 付 け る…

 小さな 手紙 22

辛 い 状 況 で あ る こ と に 影 響 さ れ て 心 が ま ち が っ て し ま わ な い よ う に と 自 身 を 律 し 少 し の 人 で も 勇 気 づ け ら れ る よ う な 優 し く 強 い 作 品 づ く り が し た い と 思 い ま す 国 難 と 呼 ぶ ほ ど の 未…

 小さな 手紙 21

未 完 の 中 か ら 自 分 が き ち ん と し た 多 面 的 な 能 力 を 手 に 入 れ て か ら 自 分 を 認 め よ う と し た ら す ご く 苦 し い よ 未 完 の ま ま 明 日 が 来 る け ど で き る こ と は ま だ あ る ね 僕 は こ れ か ら も 埋 め ら…

 小さな 手紙 20

誰 か が 見 た ら 雲 に 隠 れ る 夕 日 誰 か が 見 た ら ひ と す じ の 光 心 が 景 色 の 名 前 を 変 え る あ な た の 心 が 見 え て い る 楽 し い 世 界 を 見 る 自 由 の 中 に い る あ な た 明 日 も 楽 し く ね 島 根 県 松 江 市 宍 …

 小さな 手紙 19

廿 日 市 市 宮 島 大 聖 院 消 え な い 希 望 『 首 里 城 』 再 建 支 援 プ ロ ジ ェ ク ト ガ バ メ ン ト ク ラ ウ ド フ ァ ン デ ィ ン グ に 寄 せ た 実 際 の 文 章 を 抜 き 出 し て い ま す 皆 さ ん の 大 切 な 心 の 拠 り 所 で あ る 首…

 小さな 手紙 18

北 広 島 町 東 八 幡 原 臥 龍 山 消 え な い 光 支 援 者 の 方 に 贈 る 実 際 の 手 紙 編 集 中 か ら 抜 粋 細 や か で 心 か ら の 支 援 あ り が と う ご ざ い ま し た 。 き っ と 明 る く 歩 ん で ゆ け る と 思 い ま す 。 こ の よ う…

 小さな 手紙 17

愛 か ら 始 ま る 芸 術 は 自 分 を 表 現 す る も の で あ る 必 要 は な い も し 特 質 な 感 性 を 借 り 受 け る こ と が 出 来 た な ら 社 会 の 為 に 使 お う な に も 無 い よ う な 日 常 か ら 透 明 に 組 ま れ る 美 し い 尊 厳 を…

 小さな 手紙 16

誰 も が 撮 れ る よ う な 写 真 で あ り た い と い う 想 い が あ り ま す 誰 も が 持 っ て い る よ う な 機 材 で 誰 も が 撮 れ る よ う な 場 所 か ら 見 つ け る 美 し さ を 励 み に 出 来 た ら う れ し い な そ う い っ た 意 味…

 小さな 手紙 15

不 確 実 性 の 中 に あ る 光 過 去 は 変 え ら れ な い は 事 実 の 一 面 今 の 時 点 を 幸 せ に 思 え る こと が 増 え る よ う に 感 じ る と き そ の 景 色 は 違 う よ う に 思 う 過 去 が あ な た を や さ し く い た わ る よ う に …

 小さな 手紙 15

初 恋 う ろ こ 雲 と あ わ 波 淡 い 鏡 二 人 が 寄 せ 合 う し ぐ さ の よ う に 空 と 海 が 少 し 遠 慮 が ち に 真 似 を し て い る よ う に 見 え た 波 の 音 が 繊 細 に 響 く 『 好 き な 人 は い ま す か ? 』 っ て 言 え る か な ………

 小さな 手紙 14

同 一 線 上 に 続 く 心 を 温 め な が ら 人 は 様 々 な 局 面 で ぶ つ か り あ う こ と が あ り ま す 批 難 さ れ る こ と は 苦 し い も の で そ の 辛 さ か ら 相 手 を 正 し く な い 間 違 っ て い る と 決 め つ け た く な る 時 …

 小さな 手紙 13

明 日 は く る よ と き ど き 心 揺 れ る 景 色 を 見 せ て (*´▽`*) i p h o n e SE ( 旧 ) と て も い い で す ね あ っ で も 実 家 か ら の ゼ ロ 距 離 撮 影 と い う ど こ か ら で も 楽 し み を 見 つ け れ た こ と が よ か っ た な…

 小さな 手紙 12

同 質 同 量 完 受 無 弱 良 く 見 え る 魅 力 も 悪 く 見 え る 欠 点 も 同 じ も の か ら 創 ら れ て い る し 同 じ 量 だ よ そ れ を 完 全 ( 全 て ) と 思 っ て 接 し た い ね 目 の 前 に い る 人 の 弱 点 は 無 い か の よ う に 振 舞 …

 小さな 手紙 11

子 供 の か わ い さ 水 が く だ け る 音 な が れ る 星 く ず 天 も 地 も な く 風 の な か 夏 が 遠 く に 響 い て い た 川 に 流 れ 込 む せ せ ら ぎ を 子 供 が 一 生 懸 命 に 川 辺 の 石 を 使 っ て せ き 止 め よ う と し て い る 時…

 小さな 手紙 10

交 じ り あ う 世 界 小 さ な 手 紙 08 に あ る 淡 い グ ラ デ ー シ ョ ン に 生 き る 人 は 自 閉 症 ス ペ ク ト ラ ム に 属 す る 私 を 意 味 し て い ま す そ れ を 理 解 し て 欲 し い と い う 思 い で 綴 っ て い る の で は な い …

 小さな 手紙 09

神 様 を 探 し て 歩 か な く て い い よ あ な た が 本 当 に 良 い と 思 っ て 歩 く 道 に は 励 ま し が き ち ん と 配 置 さ れ て い る か ら ね 涙 を 拾 い 上 げ る き っ か け は い ち ば ん 近 く に あ る 自 分 の 見 た く な い …

 小さな 手紙 08

紅 葉 と 静 け さ ゆ っ く り と 落 ち る 葉 に 心 が ほ ど け る 雨 音 が 落 ち 葉 に 跳 ね る 誰 も い な い 山 で た だ ひ た す ら に 美 し さ を 散 ら す 落 葉 の ブ ナ に は か な さ は な か っ た 木 々 を つ た う 雨 命 を 蓄 え る…

 小さな 手紙 07

淡 い グ ラ デ ー シ ョ ン の 湖 に 波 紋 を 拡 げ な が ら 淡 い グ ラ デ ー シ ョ ン ( 少 数 派 ) に 生 き る 人 が 孤 独 や 疎 外 感 に 押 し つ ぶ さ れ な い よ う に と 心 か ら 願 う ど う し て も つ ら く 思 う こ と も あ る し …

 小さな 手紙 06

ミ ラ ク ル コ ン パ ク ト 写 真 集 01 オ リ ジ ナ ル 編 集 後 記 よ り 私 た ち は 日 々 時 を 消 費 し て い る と 感 じ 過 ご し ま す 山 や 自 然 は ま る で 時 を 蓄 積 す る よ う に た た ず み 語 り か け て き ま す そ の 人 の 心…

 小さな 手紙 05

新 緑 再 生 の 計 ら い 心 の 傷 が 癒 え て ゆ く 夕 闇 に 沈 ん で も 息 吹 は 果 て な い 目 を 閉 じ て も そ の 景 色 の 中 に い る よ う な い た わ り 心 と 計 ら い が 同 じ 光 の 中 広 島 県 安 芸 高 田 市 上 根 峠 再 生

 小さな 手紙 04

R e : エ フ ェ ク ト 未 完 成 に 思 う あ な た で も い い か ら 楽 し く 生 き て い こ う 弱 さ を フ ォ ロ ー し て み て も ほ ん と の 意 味 で 助 け に は な ら な い 意 識 の ピ ン ト を 合 わ せ た 対 象 が 拡 大 す る か も ❔ 強 …

 小さな 手紙 03

パ ス キ ー で 開 く あ な た の や さ し さ だ け ど 言 う よ あ な た に 価 値 が な い な ん て そ ん な こ と は な い よ 私 は 本 当 は 無 価 値 じ ゃ な い の か ❔ と い う 恐 れ は 誰 か ら も 決 め ら れ な い よ だ か ら 言 う よ …

 小さな 手紙 02

季節を 待つように 忘れる どんな人でも その時の 自分では 抱えきれない 傷を 負うことが あります 言葉が 消えてゆく ほどの 苦しみに 入る時 人格の すべての 範囲が 壊れて しまわない ように 私の 一部分が その傷を 背負って 眠るように 忘れる 作用…

 小さな 手紙 01

私 へ の y e l l で し ょ う か ❔ い い え 誰 で も 何 か 条 件 を ク リ ア し た か ら 幸 せ に な っ た 何 か を 手 に 入 れ た か ら 満 ち た 幸 せ の モ デ ル が そ う で な か っ た ら と い う お そ れ を 深 め る 人 は 今 い る 場 …