ミラクル コンパクト 写真集

あなたの 優しさを 見つける 小さな手紙

 情 緒 詩 

 139 花が 遊ぶ

安 佐 北 区 可 部 南 み ん な 帰 っ た 公 園 や わ ら か く え が き だ す 光 り の な か 花 が 遊 ぶ

 127 鳴らない チャイム

島 根 県 有 福 温 泉 近 郊 鳴 ら な い チ ャ イ ム が ど こ か で 聴 こ え る

 115 雪 の 光

安 芸 太 田 町 八 幡 高 原 光 が 雪 の 上 で 細 や か な 瞬 き に な る 白 銀 の パ レ ッ ト 雪 の 光

 98 スズメ の 足 音

広 島 市 平 和 公 園 落 ち 葉 の 上 を ス ズ メ が 🐦 楽 し そ う に 飛 び 乗 る 🍂 か さ っ か さ っ さ っ さ さ っ 🎵 目 を 閉 じ て 聴 き 入 る ち ょ っ と し た 楽 し さ っ て い い ね 💡

 77 ブナ と 落日 2 0 1 8

北 広 島 町 臥 竜 山 ブ ナ と 落 日 ( 2 0 1 8 ) 緑 が 静 け さ に 変 わ る 夕 日 が ほ ど け て 色 が 生 ま れ る わ ず か な 時 間 光 が ず っ と 心 に 残 る 明 る く 歩 い て ゆ こ う

 73 同 位

安 佐 北 区 可 部 南 夕 暮 れ の 中 で 桜 が 雪 み た い に な っ た よ

 67 うれしさで 言葉が 選べない

北 広 島 町 天 狗 石 山 葉 っ ぱ が 新 し い 命 を 見 せ る 幹 の ま だ ら が 時 の 深 さ を に じ ま せ る 息 を の む う れ し さ で 言 葉 が 選 べ な い

 65 歌 声

広 島 市 クラブ クアトロ 阿 部 真 央 さん Live 公 演 前 天 分 の 歌 声 歓 喜 に 揺 れ る 人 を 楽 し ま せ る エ ン タ ー テ イ ナ ー ま っ す ぐ な 尊 敬 で 母 を 歌 う 愛 情 に 満 ち た ス テ ー ジ が 終 わ る 何 度 勇 気 を も ら っ た …

 62 誰も 立ち止まらない

安 佐 北 区 南 原 空 の 美 し さ 山 の シ ル エ ッ ト 人 び と の 暮 ら し 繋 ぐ よ う に 流 れ る 素 朴 な 風 景 に 誰 も 立 ち 止 ま ら な い 小 さ な 川 辺

 51 時を 止めたい

安 佐 北 区 可 部 南 花 び ら に 夕 日 を の せ て 酔 い し れ る ほ ど の 淡 い も も い ろ の 光 に つ つ ま れ る 時 を 止 め た い

 43 尊 ぶ 光

広 島 市 L E C T 並 ん だ の は 本 だ け で な く 人 を 尊 ぶ 光 に 思 え た

 38 桜 ( 無 題 )

安 佐 北 区 可 部 南 桜 ( 無 題 ) そ れ ぞ れ の 想 い の 中 に あ る こ と ば で

 36 静かな うたげ

三 原 市 恵 下 谷 ( え げ だ に ) オ フ ト ー ン の 山 肌 に き ら き ら と 光 を は じ く 桜 華 や か さ を 見 せ る 静 か な う た げ

 34 見えるもの

安 芸 太 田 町 深 入 山 山 を 抜 け る 風 が 気 持 ち い い 同 じ 桜 を 見 る よ う に も う 一 度 私 の 心 を み る の で す ね

 33  川 面

安 佐 北 区 太 田 川 川 面 の さ ざ 波 音 の 中 に 散 っ て ゆ く 色 彩