ミラクル コンパクト 写真集

あなたの 優しさを 見つける 小さな手紙

 Qua tab 01 

 137 夏の 出口

広 島 県 庄 原 市 道 後 山 人 知 れ ず 咲 く 夏 の 出 口

 136 透き 通る 秋

広 島 県 庄 原 市 吾 妻 山 霧 の ス ク リ ー ン に 透 き 通 る 秋

 135 かわいい 列車

広 島 市 安 佐 北 区 白 木 色 も フ ォ ル ム も か わ い い 列 車

 134 夜明けに 向かう

広 島 市 安 佐 北 区 三 入 夜 明 け に 向 か う 空 を 見 上 げ て

 132 畏敬 の 念

広 島 県 庄 原 市 比 婆 山 新 緑 の 御 陵 畏 敬 の 念

 130 雨上がり の ブナ林

北 広 島 町 天 狗 石 山 雨 上 が り の ブ ナ 林

 129 花 が ゆれる

安 芸 太 田 町 筒 賀 竜 頭 峡 花 が ゆ れ る

 128 グラデーション が 流れる

広 島 市 安 佐 北 区 深 川 川 面 に グ ラ デ ー シ ョ ン が 流 れ る v e r . 初 期 の 撮 影

 小さな 手紙 22

辛 い 状 況 で あ る こ と に 影 響 さ れ て 心 が ま ち が っ て し ま わ な い よ う に と 自 身 を 律 し 少 し の 人 で も 勇 気 づ け ら れ る よ う な 優 し く 強 い 作 品 づ く り が し た い と 思 い ま す 国 難 と 呼 ぶ ほ ど の 未…

 小さな 手紙 14

同 一 線 上 に 続 く 心 を 温 め な が ら 人 は 様 々 な 局 面 で ぶ つ か り あ う こ と が あ り ま す 批 難 さ れ る こ と は 苦 し い も の で そ の 辛 さ か ら 相 手 を 正 し く な い 間 違 っ て い る と 決 め つ け た く な る 時 …

 小さな 成長 03

勝 手 に 答 え る よ 京 セ ラ Q u a t a b 0 1 コ ス パ の 良 い タ ブ レ ッ ト 光 の 量 が 限 ら れ る と 色 が な く な ち ゃ う ね タ ッ チ し た と こ ろ の 光 の ピ ン ト ピ ピ ッ ❕ 画 面 に 反 映 さ れ て イ メ ー ジ の 完 成 が 爆…

 41 夕 闇

広 島 県 東 八 幡 原 夕 闇

 31 カ エ ル

廿 日 市 市 極 楽 寺 山 使 っ た 金 が 又 カ エ ル 🐸 ❕

 27 ブナ と 落日

北 広 島 町 東 八 幡 原 臥 龍 山 ブ ナ と 落 日 2 0 1 7

 25 雨 雲 形 成

島 根 県 邑 南 町 今 まさに 雨 雲 形 成

 23 おつかれさま

広 島 市 安 佐 北 区 亀 山 街 の 夕 暮 れ お つ か れ さ ま

 小さな 手紙 08

紅 葉 と 静 け さ ゆ っ く り と 落 ち る 葉 に 心 が ほ ど け る 雨 音 が 落 ち 葉 に 跳 ね る 誰 も い な い 山 で た だ ひ た す ら に 美 し さ を 散 ら す 落 葉 の ブ ナ に は か な さ は な か っ た 木 々 を つ た う 雨 命 を 蓄 え る…

 22 風が 見える

山 口 県 長 門 日 本 海 風 車 で 風 が 見 え る バ ニ ラ 色 の 空

 21 雪の テーブル

浜 田 市 旭 町 都 川 棚 田 が 雪 の テ ー ブ ル

 小さな 手紙 06

ミ ラ ク ル コ ン パ ク ト 写 真 集 01 オ リ ジ ナ ル 編 集 後 記 よ り 私 た ち は 日 々 時 を 消 費 し て い る と 感 じ 過 ご し ま す 山 や 自 然 は ま る で 時 を 蓄 積 す る よ う に た た ず み 語 り か け て き ま す そ の 人 の 心…

 小さな 手紙 04

R e : エ フ ェ ク ト 未 完 成 に 思 う あ な た で も い い か ら 楽 し く 生 き て い こ う 弱 さ を フ ォ ロ ー し て み て も ほ ん と の 意 味 で 助 け に は な ら な い 意 識 の ピ ン ト を 合 わ せ た 対 象 が 拡 大 す る か も ❔ 強 …

 18 新緑が 待ちどおしくて

庄 原 市 立 烏 帽 子 山 新 緑 が 楽 し み で 思 わ ず 開 く ど の 季 節 も き れ い だ ね

 16 黄色 の 空気

庄 原 市 吾 妻 山 黄 色 の 空 気 が 拡 が る

 13 川 面

広 島 市 安 佐 北 区 太 田 川 川 面 の さ ざ 波 音 の 中 に 散 っ て ゆ く 色 彩

 小さな 手紙 02

季節を 待つように 忘れる どんな人でも その時の 自分では 抱えきれない 傷を 負うことが あります 言葉が 消えてゆく ほどの 苦しみに 入る時 人格の すべての 範囲が 壊れて しまわない ように 私の 一部分が その傷を 背負って 眠るように 忘れる 作用…

 11 おちゃめ

北 広 島 町 中 野 冠 山 ス ス キ と 雲 の バ ラ ン ス が ち ょ っ と お ち ゃ め

 10 草原 の 山

広 島 / 島 根 県 境 雲 月 山 草 原 の 山 と 白 い 空

 09 港の 灯り

広 島 市 宇 品 港 港 の 灯 り が 浮 か ぶ 安 堵 が と も る

 08 空気 の 粒

広 島 県 三 次 市 高 谷 山 空 気 の 粒 を 感 じ な が ら 歩 く よ

 小さな 手紙 01

私 へ の y e l l で し ょ う か ❔ い い え 誰 で も 何 か 条 件 を ク リ ア し た か ら 幸 せ に な っ た 何 か を 手 に 入 れ た か ら 満 ち た 幸 せ の モ デ ル が そ う で な か っ た ら と い う お そ れ を 深 め る 人 は 今 い る 場 …