ミラクル コンパクト 写真集

あなたの 優しさを 見つける 小さな手紙

 XC15-45 F3.5-5.6 

 小さな手紙 28

広 島 県 呉 市 灰 ヶ 峰 ( は い が み ね ) 平 和 は 美 し く て 【 タ イ ム シ フ ト ver . 】 衝 突 の 緊 張 が 高 ま る 中 私 た ち は 何 が 出 来 る のだ ろ う 争 い に よ っ て 消 失 し た 街 が 再 建 し て 美 し さ を 魅 せ て く れ …

 158 グラデーション

広 島 県 広 島 市 安 佐 北 区 川 面 に グ ラ デ ー シ ョ ン が 流 れ る v e r . 2022

 156 果物狩りへ

広 島 県 三 次 市 平 田 観 光 農 園 ( み よ し し ひ ら た か ん こ う の う え ん ) 果 物 狩 り へ こ ち ら の 農 園 で は ち ょ う ど 狩 り ※ チ ケ ッ ト 交 換 で 様 々 な 果 物 を 収 穫 し て そ の 場 で 食 べ た り 持 っ て 帰 る こ …

 155 神々しさ

広 島 県 江 田 島 市 陀 峯 山 ( だ ぼ う ざ ん ) 神 々 し さ

 154 稜 線 タイムトリップ

風 が 見 え る 雲 の 通 り 道 夕 日 が 駆 け 抜 け て 今 こ こ に い る 幸 せ 天 空 の 稜 線 を 踏 み し め て 広 島 県 庄 原 市 吾 妻 山 ( しょうばらし あづまやま ) 吾 妻 山 ロ ッ ジ よ り 17:20 ~ 19:20 登 山 タ イ ム ス ケ ジ ュ ー …

 152 お花を 浮かべて

広 島 市 西 区 三 滝 山 三 滝 寺 ( み た き で ら ) お 花 を 浮 か べ て

 150 錆 色 と 初 夏

広 島 県 呉 市 日 本 製 鉄 近 海 錆 色 と 初 夏

 149 青が 流れる

広 島 市 安 佐 北 区 柳 瀬 青 が 流 れ る

 148 星に 願いを ☆

広 島 県 呉 市 灰 ヶ 峰 あ な た の 残 し た 思 い や り が 星 に な っ て あ な た の 住 む 街 が 星 空 に な る と い い な ☆

 小さな手紙 25

私 を 探 し て い る ○ ○ と い う 私 私 を ○ ○ と 見 て 欲 し い 焼 け る よ う な 渇 き の 中 に い る の で は な い だ ろ う か ど う か 無 地 の 自 分 の 中 に 優 し さ を 見 つ け た い そ れ を 誰 か に わ た し て い く 人 で あ り …

 143 季節を 渡る

芸 術 の 裏 側 山 口 県 岩 国 市 錦 帯 橋 季 節 を 渡 る

 141 黄昏を 残して

島 根 県 浜 田 市 打 ち 寄 せ て 波 音 が 心 を さ ら っ て ゆ く 黄 昏 を 残 し て 白 く 消 え る

 140 ふたつの 空

北 広 島 町 東 八 幡 原 ふ た つ の 空

 127 季節は いのちを 溜めて

安 芸 高 田 市 土 師 ダ ム 季 節 は い の ち を 溜 め て

 125 春は あけぼの

北 広 島 町 千 代 田 町 春 は あ け ぼ の あ お い 空 気 の 深 い 眠 り い つ か 見 た 風 景 ど こ か し ら 感 じ る 誰 か の や さ し さ

 124 花を 見ている

北 広 島 町 千 代 田 町 雪 の 華 広 島 市 安 佐 北 区 可 部 南 散 ら ば る 想 い

 123 凍える 朝に

北 広 島 町 千 代 田 町 凍 え る 朝 に い つ も は 木 々 の 重 な り が ぼ ん や り と 山 の 輪 郭 を 見 せ て い る け ど 積 雪 が 明 暗 を 見 せ て 細 や か な 凹 凸 に ハ ッ と す る 心 が 高 鳴 る 雪 を 踏 む 音 が 瞬 時 に 張 り 詰 め…

 121 踏み入れる 静寂

踏 み 入 れ る 静 寂 風 も 無 く 霧 の 中 で 踊 る 北 広 島 町 東 八 幡 原 臥 龍 山