ミラクル コンパクト 写真集

あなたの 優しさを 見つける 小さな手紙

 小さな 手紙 25

 

 

f:id:nono-effect:20190907160547j:plain

 

 

 

  安 芸 太 田 町  臥 竜 山

 

  消 え な い   光

 

 

  支 援 者 の 方 に 贈 る

  実 際 の 手 紙

  編 集 中 か ら   抜 粋

 

  

  細 や か で  心 か ら の

  支 援 あ り が と う

  ご ざ い ま し た 。

 

  き っ と  明 る く

  歩 ん で  ゆ け る  と 思 い ま す 。

 

  こ の よ う な

  心 境 に 至 る こ と が

  出 来 た こ と は

 

  多 く の 人 の  心 か ら の

  励 ま し 個 人 へ の

  尊 重 の 想 い を 

  感 じ る こ と が

  で き た か ら

  だ と  思 い ま す 。

 

  今 ま で を  振 り 返 る と

  自 分 の 弱 さ に  な り 得 る

  特 性 を  認 め る こ と に  苦 し み

 

  そ れ を  う ま く 説 明 が

  出 来 な い ま ま

  な ん と か し よ う と

  取 り 組 ん で も

 

  少 し ず つ 積 も る

  軋 轢 に  追 い 込 ま れ る

 

  焼 け た 跡 の 野 原 で

  自 己 肯 定 感 が  焼 け き る

 

  誰 に  相 談 し た ら い い の か

  わ か ら な い ま ま

  そ の 存 在 も  知 ら ず

 

  あ せ っ て

  最 短 で  予 見 し た

  未 来 に  た ど り 着 く 。

 

  も う  長 所 な ん て

  無 く な っ て し ま っ た

  の だ ろ う か ?

 

  不 安 の  先 読 み で

  自 分 の ふ ち ど り を

  削 り 込 む こ と を

  一 人 の 力 で は

  止 め る こ と は

  出 来 な か っ た よ う に

  思 い ま す 。

 

  自 分 で  自 分 の こ と を

  説 明 す る こ と の 難 し さ

  普 通 に な ら な い と

  い け な い と い う

 

  気 負 い か ら  ど う や っ て

  社 会 に  関 わ っ て い け ば

  良 い の か  本 当 に

  困 っ て い ま し た 。

 

  そ の よ う な  状 況 の 中 で

  客 観 的 な  助 言

  冷 静 な 視 野 の も と

 

  個 人   個 人 の 特 性 へ の

  尊 重 と 励 ま し が

  本 当 に  大 き な

  助 け に な り ま し た 。

 

  一 番 に  得 ら れ た も の は

  失 わ れ つ つ あ る

  自 己 に 対 す る  肯 定 感

  だ っ た よ う に  思 い ま し た 。

 

  自 分 の 弱 さ を

  自 分 一 人で は  認 め ら れ な い

  多 分   こ こ に

  原 因  と  結 果 が  あ る こ と は

  わ か っ て  い た か も

  し れ ま せ ん 。

 

  け れ ど  わ か っ て  い て も

  壊 れ て し ま い そ う な

  く ら い   苦 し く

 

  な に も か も   無 く な る

  くら い に   怖 か っ た の で す 。

 

 

  僕 が   思 う 支 援 と は

  一 人 で   自 分 を

  認 め ら れ な く な っ た 時 に

 

  真 摯 に  そ の 人 を  信 じ て

  寄 り 添 う こ と の よ う に

  感 じ ま し た 。

 

  自 分 の 中 に あ る

  自 分 を  助 け る 力 を

  見 つ け て く れ る  力 は

 

  人 を  一 人 の  大 切 な

  存 在 で あ る と い う

  心 か ら   導 か れ た も の

  な の で し ょ う 。

 

  大 変 な   仕事 で あ る

  と 思 い ま す が

  尊 敬 の  想 い し か

  あ り ま せ ん 。

 

  あ り が と う ご ざ い ま す 。

 

  そ の 一 方 で 、  仕 事 は

  外 か ら は  見 え に く い

  と  い っ た  側 面 を  感 じ る の で

  改 め て 手 紙 を

  書 き ま し た 。

 

  び っ く り す る く ら い

  文 章 を  ま と め れ て

  い ま せ ん が

  最 後 まで  お 読 み 頂 き

  あ り が と う ご ざ い ま し た 。